スリムな身体を作る運動のコツ【23日目】

プチ断食ダイエット23日目

昨日と比べて、体重が700g減りました。

最近は、ボクシングジムに行った日は、水分を過剰に摂取するためにあまり体重が落ちませんでした。でも、今日は、ボクシング後にあまり水分を取らなかったために、体重が落ちたのだと思います。あと、便も出ました。

ただ、他の数値を見ると、全部悪くなっています。こういった時の体重ってイレギュラーの場合が多いんですよね。いろんな条件が重なった結果、たまたま体重が軽くなっているときに測定した場合に、こうのような結果になります。たぶん、明日測定したら、ある程度体重が戻っていると思います。

今週は、1週間で月・水・金曜日の3回ボクシングジムに行きました。ボクシングは、強運動なので筋肉を酷使します。特にダイエットを始める前の2ヶ月間、ボクシングにはほとんど行っていなかったので、初めの頃は体中に激痛が走っていました。

筋肉痛がひどい日は、あまり激しい運動をしないほうが筋肉がつきやすくなります。筋肉は、毎日筋トレをするよりも、休めたほうが大きくなります。

そのため私は、月・水・金曜日に筋肉を酷使して、火・木・土・日曜日は筋肉を休めるようにしています。そうすることで効率よく筋肉を大きくしていく作戦です。

で、ボクシングジムに行った時の私の運動量ですが、以下のとおりです。

  • 準備運動10分
  • 腹筋100回
  • 背筋100回
  • シャドーボクシング2ラウンド(鏡を見ながら1人で仮想ボクシングをすること)
  • サンドバック6ラウンド(ひたすらダンドバックを叩く)
  • ミット打ち1ラウンド〈相手に言われたコンビネーションをミットに打ち込むこと)
  • マスボクシング4ラウンド(パンチの種類を決めて、軽く打ち合うこと)
  • ボディ打ち1ラウンド(ボディをひたすら叩いてもらう)
  • ストレッチ10分

1ラウンド3分で、間に休憩が35秒入ります。なので、全体の時間は90分程度ですが、体を動かしている時間は50分程度です。

アバウトですが、私の体重(80kg)でだいたい消費カロリーが500kcalちょっとです。脂肪の重さで70g~80g消費できるぐらいの運動量ですね。

もちろん、こういった強運動を継続することで、筋肉も増えますし、スタミナもつきます。その結果、運動量が増えて、脂肪の燃焼量も上がります。

強運動は、カロリー消費による脂肪の燃焼だけではなく、それ以上に、身体が引き締まることが最大の魅力です。摂取カロリーを落とすダイエットだけだと、体重は落ちてもスタイルは良くなりません。ただただ、ヒョロヒョロの不格好な体型になるだけです。

逆に、体重は落ちなくても身体が引き締まることで、見た目にスリムに見えます。実際に、ボクシングをしている人は、見た目より体重が重い人が多いように感じます。これは、適度に強運動を行うことで、体型も引き締まり、つくべきところに肉がつき、落ちるべき肉は落ちている結果です。

だから、あなたもダイエットに挑戦する場合は、週に1回でもいいので強運動(筋肉痛になるような激しい運動)を組み込んでください。そうすれば、ダイエットを成功することであなたが思う理想的な美しい体型を手に入れることができます。最初はツラいかもしれませんが、慣れてくると良いストレス解消にもなりますよ。

今日食べたもの

朝食べたもの

オレンジぶどうパン、差し入れにいただいた『らぽっぽ』のケーキ、牛乳。

昼食べたもの

鶏もも肉のハーブ焼き、北海道じゃがいもの塩バター、プチトマト、キムチ、冷奴。

おやつ

なし

『ダイエット粉』を飲みました。

今日の運動

30分ウォーキング
30分ウォーキング
腹筋100回
腹筋100回
ボクシング
ボクシング
  • ボクシングジムに行きました。

体重の記録

30日分の折れ線グラフ

推 移 結 果
体 重 81.1kg→80.4kg -0.7kg 体重
体脂肪率 24.7%→26.0% +1.3% 体脂肪率
内臓脂肪
レベル
12→12 0.0 内臓脂肪
骨格筋率 33.2%→32.1% -1.1% 骨格筋率
体年齢 48歳→49歳 +1.0歳 体年齢
基礎代謝 1786kcal→1763kcal -23.0kcal 基礎代謝
BMI 26.5→26.3 -0.2 BMI

記事を書いた人

開発者 井上龍弥井上龍弥

私が実践した『3分の1ダイエット』があなたの役に立てば嬉しいです。

 

ページトップへ