夏の夜はパンツ一丁で・・・【27日目】

プチ断食ダイエット27日目

昨日と比べて、体重が500g減りました。昨日の体重が明らかに減りすぎだったので、今日は良くて同じぐらい、悪ければ増えていると覚悟していました。良い意味で、期待が裏切られました。

その他の数値を見てみても昨日とは違い良い結果が出ています。いい流れです。

  • 摂取カロリーを抑える。
  • 消費カロリーを増やす。
  • 太りにくい身体を作る。

これらダイエット効果3原則のバランスが取れてきたのかもしれません。ダイエット終了まで、残り3日の結果で判断したいと思います。

今日も便が出たのですが、少しお腹が痛かったです。原因は、昨日徹夜したことで生活のリズムが変わったこと。その間、クーラーをつけていたにも関わらず、パンツ1枚だったのでお腹が冷えたのだと思います。

私は、ものすごく暑がりです。若かりし頃は、今と違い、まったく汗をかきませんでした。でも、ボクシングを始めてから、新陳代謝が活発になったのか、ものすごく汗がでるようになりました。

今では落ち着きましたが、ボクシングに行った日は眠るときも身体が熱くて、特に足はどんなに寒い日でも布団はかけません。

今の体質になって、食べる物も選ばなくてはならなくなりました。私はもともと辛い食べ物が大好きです。でも、体質が変わってから、外では食べることができなくなりました・・・。

今の私は、ちょっとでも辛いと、汗が滝のように流れ出てきます。頭から水をかぶったみたいに、びちょびちょになります。温度の熱いものも同様です。

ただ、熱いものや辛いものは、家で食べれば汗だくでも問題ないです。問題なのは、外見から判断できない食べ物の場合です。スパイスや香辛料の使われている料理です。

これらは、大して辛くなくても熱くなくても、汗が大量に出てきます。隠し味として香辛料やスパイスが使われていても、私の身体は完璧にこれを見抜き、見事に汗だくになります。

そんなものを食べた日には、「え、なにあの人・・・!」と周りが不審に思うほど、頭まで汗だくのびちょびちょです。あやしすぎる・・・(涙)

そんな私なので、今の時季は気温が高いこともあって、日常的に汗をかいています。特に、この時期はお風呂がツラいです。いつも私は家族の中で最後に入ります。これは、家族の中で私の地位が一番低いからです(笑)

私の前に入る娘には、お湯の温度を自動で維持する機能を切ってもらいます。そうすることで、気温に近い水温になります。と言っても、大体いつも35度ぐらいです。
普通の人ならぬるく感じるでしょうが、私にとっては熱いのです。厳密に言うと、私自身は熱いと感じていないのですが、身体が熱いと判断して、汗が大量に出ます。風呂あがりも、すぐにクーラーの風を当てて身体を冷やします。扇風機の風では間に合いません。30分ほど経つと、やっと落ち着いて寝間着を着ます。

前置きが長くなりましたが、この汗の出る体質のおかげで、風呂あがりはパンイチでいることが多い私です。昨日も風呂あがりに仕事に没頭するあまり、寝間着を着るのを忘れていました。アホですね・・・。

新陳代謝が良くなることは、身体にもいいし、ダイエット効果も高まりますが、良くなりすぎるのも問題です。どんなことでも程々が一番です。

あっ、今思い出したのですが、お腹が痛くなったせいなのか、今日はいつもより便の量が多かったです。もしかしたら、今日の体重減は、それが理由かもしれません。

今日食べたもの

朝食べたもの

ドーナッツ、梨。

昼食べたもの

寿司。

今日は贅沢に、昼から出前の寿司を食べました。

ちなみに写真は二人前です。もちろん、7割は私が食べました。あ~、久々のお寿司は美味しかったです。

おやつ

なし

『ダイエット粉』を飲みました。

今日の運動

30分ウォーキング
30分ウォーキング
腹筋100回
腹筋100回
ボクシング
ボクシング
  • 30分歩きました。
  • 今日は、5分ほど走りました。

筋肉痛も、すねの痛みもありません。時間にすると5分程度ですが、歩くだけよりしんどいです。ちょっとずつ、走る時間を伸ばしていきます。

  • 腹筋100回やりました。

体重の記録

30日分の折れ線グラフ

推 移 結 果
体 重 80.2g→79.7kg -0.5kg 体重
体脂肪率 25.9%→25.5% -0.4% 体脂肪率
内臓脂肪
レベル
12→11 -1.0 内臓脂肪
骨格筋率 32.2%→32.5% +0.3% 骨格筋率
体年齢 49歳→48歳 -1.0歳 体年齢
基礎代謝 1761kcal→1756kcal -5.0kcal 基礎代謝
BMI 26.2→26.0 -0.2 BMI

記事を書いた人

開発者 井上龍弥井上龍弥

私が実践した『3分の1ダイエット』があなたの役に立てば嬉しいです。

 

ページトップへ