便秘解消には、寝る前の『腸もみ』が効果的【29日目】

3分の1ダイエット29日目

 

最近、便秘気味になってきました。生理前だけは、いつも便秘になるのですが、普段は便秘知らずの私は、この時期がとても不快です。

そこで、何とか少しでも便秘を改善したくて、今日はお腹をマッサージしました。いわゆる、『腸もみ』と呼ばれるマッサージのようなものです。

 腸もみとは……お腹をマッサージして、腸の動きを刺激し、便意を促す方法

ただ、私の行うマッサージは、ここ最近流行りだしたものではなく子供のころから行っていたマッサージです。

小さなころから、母に「お腹をおへそから時計回りに外側に撫でていってみて、固いところがあったら、もみもみしとき。うんこちゃんがたまってるねんで」「あと、おなかが冷たくなってるときも、なでなでしい」と言われて、行っていた方法です。

便秘を感じたり、腹痛があるときなどは、こうして腸もみのマッサージを小さなころからしていました。このマッサージをすると、翌朝に便が出やすくなったり、身体がゆっくりと温まる効果を昔から感じていました。

また、大人になってから、整体に通うようになると「お腹を触ってみて、冷たく、硬くなっていたら、ストレスがたまっている証拠」と、教えてもらいました。

ヒトは、ストレスを受けると内臓の血行を滞らせ、内臓を冷やし、硬くさせるのだそうです。そして、お腹をさわったときに、冷たさや硬さを感じる時には、やさしくなでながらほぐしていくと、ゆっくりと血行が良くなり、リラックスする効果もあるそうです。

また、お腹にはリンパが集まっているため、軽いマッサージでも、その働きを促すことができます。難しい技術がなくても、自分で撫でるだけでも効果があるということを教えてもらいました。

整体の先生にお腹をマッサージしてもらうと、お腹全体がすぐにやわらかくなるのと同時に身体全体があたたまり、一気に眠気が出てきます。リラックスするためか、身体中から疲れが染み出すような感覚を味わいます。

自分でやると、整体の先生のような効果はもちろんありませんが、時間をかけてお腹を撫でていると、だんだんと体温が上がりリラックスする効果は出てきます。そのため、いつの間にか、便秘の時だけではなく、夜寝る前、うまく寝付けないときにも腸もみのマッサージをするようになっていました。

熱が出たら額を冷やす。肩が凝ったら、肩をもむ。というように、当たり前のように行ってきた腸もみですが、改めてその効果を見ると、ダイエットを手助けする方法だと思いました。


腸もみの効果

・やせる
・便秘解消
・むくみの解消
・冷えの解消
・リラックス効果
・免疫力の向上


腸もみは、『腸もみダイエット』として、数年前に流行りましたがそれだけでやせることは難しいと思います。ただ、ダイエットの手助けとしては、とても効果があります。

特にダイエットを始めると、食べる量が減ることで便秘症状が出たり、ストレスが出てくることもあります。それをうまく解消する方法になるので、同じように悩みを感じられる方は、すぐできる腸もみ法として、夜寝る前に、「おへそから外側に向けて、時計回りにお腹を撫でる」を試してみてください。

今日食べたもの

朝食べたもの

目玉焼き、トマト豆腐のサラダ、たらこ、梅酢漬け、レタス玉ねぎ卵のスープ、玄米

昼食べたもの

豆腐、インスタントラーメン

おやつ

チョコアイス(写真撮り忘れました)

なんだか体調が悪く、食べませんでした

今日の運動

ウォー
キング
ウォーキング
ランニング

ランニング
階段
上り下り
階段上り下り
筋トレ

筋トレ
ストレッチ

ストレッチ
  • 腹筋10回×2セット
  • ストレッチ5分

今日は体が重く、あまり体が動かせませんでした

体重の記録

30日分の折れ線グラフ

前日との違い 結 果
体 重 -1.1kg 体重
体脂肪率 +0.4% 体脂肪率
骨格筋率 -0.7% 骨格筋率

記事を書いた人

スキンケアアドバイザー 濱谷彩子スキンケアアドバイザー 濱谷彩子

お酒が大好きで、お酒を飲むとたくさん食べてしまう。30才を過ぎてから、一気にこのサイクルで太りました。健康体を目指します!

 

ページトップへ