私にはこれが合いました!お酒の量を調節する方法【4日目】

3分の1ダイエット4日目

昨夜、実家に戻ったとたんに始まった宴会。

年に数度、姉が帰省し、家族が集まる時には、たくさんのお酒を飲みます。「最初はビール?シャンパンからいく?」と、一番最初に聞かれます。

元々私がたくさんお酒を飲むことも手伝い、まるでお酒をたくさん飲むことが目的のような食事になってしまうため、今回は特にお酒の量を意識するように気を付けました。

また、食事の前には、家族にもダイエットを始めたことと、最近お酒を控えたことを伝えました。

さらに、たくさんのお茶も用意して、ビールを飲んだら、お茶も飲む。というように、お酒と同量の水分もとるようにしました。このことで、かなりお酒の量が減りました。

実は、ダイエットを始める前、なぜ自分はお酒を飲むのだろう??お酒を飲むのは好きだけど、まわりにいるお酒好きの人よりも、飲む量が多いのはなぜだろう??と、その理由を考えてみました。

すると、「ふわっと酔いがまわる感覚が心地いいから」というお酒独特の感覚を楽しむ理由と、「口の中をさっぱりさせたい」「のどが渇くから」という理由が、思い当たりました。

お酒を飲む時には、味の濃いもの、脂っこいものを食べることが多いため、後者の理由も出てきました。しかし、これはお酒でなくても、水やお茶でも果たせる理由です。また、のどの渇きをおさえるのには、お酒は逆効果です。

お酒をたくさん飲んでいると、一見水分をたくさん飲んでいるように見えますが、実はアルコールを分解する際に大量の水分が失われるため、脱水が起こります。ですから、一時的にのどが潤っても、またすぐにのどが渇いてしまいます。

【のどが渇くからお酒を飲む】というのは実は間違いで、【のどが渇くから、お酒を飲む。お酒を飲むから、のどが渇く】と、悪循環が起こってしまうのです。

この間違いに気づいたため、今回のダイエットでは、お酒を飲む際には、その量と同量の水かお茶を飲むようにもルールを決めました。

実践したのは昨日が初めてですが、水やお茶がぐびぐびと飲め、お酒の量がとても減りました。お酒を飲んでいる、満足感は変わりません。また、お酒を飲んでいるため、一切酔わないわけではなく、心地良い、酔う感覚も味わえました。

この方法は、私にとっては、お酒の量を減らすのにとても合った方法のようです。引き続きこの方法を取り入れ、お酒の量を減らしていきます。

今日食べたもの

朝食べたもの

ステキレイを飲みました。(お茶で割っています)

昼食べたもの

昼食べたもの

昼食べたもの

ごま豆腐、タケノコの木の芽和え、タケノコのバター焼き、タイの子、チキン南蛮サラダ、ミニ海鮮丼、味噌汁、ビール一杯

(家族で和食屋さんで食事会です)

おやつ

今日は食べませんでした。

夜食べたもの

夜食べたもの

食事前にステキレイを飲みました(お茶で割っています)

ウニ、イクラ、生シラス、白ごはん、ビール350、シャンパン4杯

(家族でシャンパン4本空きました。控えたつもりですが、結構飲んでしまいました)

今日の運動

ウォー
キング
ウォーキング
ランニング

ランニング
階段
上り下り
階段上り下り
筋トレ

筋トレ
ストレッチ

ストレッチ
  • 朝のストレッチ 10分
  • 腹筋10回×3セット
  • ウォーキング1時間半 (おつかいがてら、近所を歩きました)

この他、実家の納戸の片づけを手伝いました(力仕事)

体重の記録

30日分の折れ線グラフ

前日との違い 結 果
体 重 +1.5kg 体重
体脂肪率 +0.5% 体脂肪率
骨格筋率 0% 骨格筋率

記事を書いた人

スキンケアアドバイザー 濱谷彩子スキンケアアドバイザー 濱谷彩子

お酒が大好きで、お酒を飲むとたくさん食べてしまう。30才を過ぎてから、一気にこのサイクルで太りました。健康体を目指します!

 

ページトップへ