太りにくい体を作る方法【5日目】

3分の1ダイエット5日目

ダイエットをどうせやるならば、その効果を無駄なく、存分に発揮したいところです。そのために必要なことは、『太りにくい体』を作ることです。

『太りにくい体』とは具体的にどんなものなのか?それは、『腸内環境が正しく機能している』ということです。

●腸内環境によって、体型・体重に大きな差が出る!

腸は、栄養分を吸収したり、不要なものを排出するところです。ここがうまく機能していないと、太りやすい体となるばかりか、ダイエットの効果も薄れてしまいます。

以前も書きましたが、私自身、子供の頃から腸内環境はボロボロです。いろいろな腸内環境を整える食品や健康食品を試しましたが、何の効果もありませんでした。だから、ずっと諦めていました。

でも、便秘があまりにツラいために、「世の中にないものなら自分で作ろう!」と一念発起して、開発に取りかかりました。コンセプトは、単純です。
私はこれまで、腸内環境に良いと言われてきたものを試したけども、効果がありませんでした。
でも、これらは私にとって効果がなかっただけで、商品の口コミを見ると、私以外のほかの人には効果がありました。

●自分の便秘にも効果があるものを手作り!すると・・・

そこで、「腸に良いとされている成分をたっぷり配合すればどうなるんだろう?」と考えて、最初は手作りしました。(詳細はこちら

配合した成分は、不溶性食物繊維・水溶性食物繊維・オリゴ糖・ビフィズス菌・乳酸菌です。どれもそれ単一で商品化されて販売されているものです。これらをたっぷりと配合して、ダイエット時の筋肉低下や冷え予防のために、さらにタンパク質であるコラーゲンも配合しました。

要は、「これ飲んでダメだったら、もう食品で私の腸内環境は良くならない!」というものを作ったのです。もしこれで効果がなくても、「わが生涯一片の悔いなし!!!」です。(・・・わかる人にはわかるハズ・・・)

で、その結果は、効果抜群!ウソのように私の便秘・排便の苦痛は取り除かれました。

その後、プロの健康食品業者と試行錯誤を繰り返して、商品化に成功。手作りの頃は、一回当たりの摂取量も30gほど多い上、泥のニオイがしており、非常に高額でした。でも、今では一回当たりの摂取量も20gと飲みやすい量となり、リンゴヨーグルト風味の美味しいと味・ニオイになりました。商品の詳細はこちらです。

もし、あなたが私と同じように劣悪な腸内環境で、これからダイエットを本気で取り組もうと思っているなら、一度試してください。ダイエットに相乗効果が期待できます。考え方を少し変えれば、便秘の方は腸内環境さえ整えれば痩せる効率が高まると言えます。

●ダイエット5日目にして、また運動できず

今日は、終日打ち合わせで運動が全然できませんでした。まぁ~、こんな日もあります。仕方ないですね~。

これも3分の1ダイエットのメリットと言えます。運動ができなくても、食事制限と太らない体づくりを併用しているので、余裕があります。

この余裕がダイエット継続に繋がります。ダイエットは、一つの方法だけではなく、いくつもの方法を組み合わせることが成功の秘訣です。

今日食べたもの

白米と納豆、小松菜と豚肉・シメジの生姜炒め(写真撮り忘れました)と、ニラとシイタケのスープを食べました。(約450kcal)

食事制限をすると鉄分が不足しやすいので、今日は小松菜多めの食事です。小松菜・人参・シイタケ・シメジ・豚肉入りの堅焼きそば(約456kcal)の少な目一人前を食べました。

おやつ

なし。

晩酌に、いつものハイボール4杯とおつまみ(約300kcal)を食べ、その後、ステキレイを飲みました。

今日の運動

30分ウォーキング
30分ウォーキング
ボクシング
ボクシング
  • 今日は運動をしませんでした。

体重の記録

30日分の折れ線グラフ

前日との違い 結 果
体 重 -0.1kg 体重
体脂肪率 -0.8% 体脂肪率
骨格筋率 +0.3% 骨格筋率

記事を書いた人

開発者 井上龍弥井上龍弥

私が実践した『3分の1ダイエット』があなたの役に立てば嬉しいです。

 

ページトップへ