ダイエット中に焼肉を食べるタイミングと食べ方【13日目】

3分の1ダイエット13日目

今日は、先日の食べ過ぎを解消すべく、昼間に無理やりボクシングの予定を入れました。きっちり1時間半、汗をかいて、「これでちょっとは取り返せたかな?」と爽快な気持ちでいると、妻から、「今日の夜は焼肉を食べに行こう!!」の言葉。

妻の要求には絶対服従をモットーにしているので、すぐさま「いいよ~」と返事。内心は、「今日のボクシングはなかったことになったな・・・」と、感じていましたが。でも、私の脂肪を犠牲にして妻が喜ぶなら本望です。ほんとに・・・ほんとですよ!

で、焼肉屋に行ったのですが、せっかくなので美味しさを堪能しながら、できるだけ摂取カロリーを減らすことにしました。

●ダイエット中の焼肉の食べ方

『糖質』と『脂質』を同時に摂ると、脂肪になります。

ということは、極論を言えば、『脂質』だけなら食べてもOKだと言えます。(もちろん、食べる量や食べ方、など色々な要素はありますが。)

肉をしっかり食べるため、まずは『糖質をカット』することにしました。主に、ビールと米類(米飯やビビンバなど)です。まず、ビールは飲まず、ノンアルコール&ノンカロリービールに置き換えました。米類は、注文せずに、妻の分を何口かもらう程度にしました。

次に、『脂質のカット』です。脂質のみ食べるのであれば、まだマシとはいえ、やはり抑えたほうが賢明です。だから、脂肪分の少ない肉を重点的にいきます

私の場合、焼き物は『タン』と『レバー』。さらに、どうしても脂質が欲しくなって、『脂付ミノ』を頼みました。大好きな『ロース』と『カルビ』は、2枚ずつ食べるに留めました。その他に、内臓をボイルした脂質がほとんど含まれない『ハチノス』、『ミノ』、『センマイ』を追加。野菜は、『もやしナムル』と『特製サラダ』を食べました。

これでもうお腹は一杯!ざっくりと計算したら、1,300kcal程度でした。結構多いのですが、何も考えずに注文していたら、この2~3倍はいっているので、これでよしとします。

●ダイエット中に、焼肉を食べるタイミングは?

肉には、脂肪以外に、栄養素が含まれています。その中でも、私たちに不足しがちな『タンパク質』もたくさん含まれています。

タンパク質は、筋肉や細胞、血液など、私たちの体のいたるところに存在しており、代謝に関わる酵素として働いたり、栄養の貯蔵や輸送にも大きくかかわっています。もちろん、筋肉など、体そのものの構成成分でもあります。

ダイエット中には肉を避ける人もいますが、脂質にさえ気を付ければ、肉類はタンパク質が豊富に含まれた優れた栄養食品なのです。

特に、筋肉にとって、タンパク質は必須の栄養素です。タンパク質が不足すると、どれだけ筋トレしても筋肉が付きにくくなります。だから、筋トレ後にタンパク質を摂取することは、筋肉を育てることになり、ひいては運動時の消費カロリーを増やすことに繋がります。

一般的に、タンパク質は筋トレ後30分以内に摂取するのが効果的だと言われています。でも、この時間を過ぎても効果がないわけではありません。私の場合、ボクシングという『強運動』を行った後なので、今回は理想的なタイミングで焼肉に行ったと言えます。

このように、焼肉は、筋トレや『強運動』の後で食べることをお勧めします。筋肉を育てたり、回復することに繋がるので、ダイエットの役に立ちます。

今日食べたもの

メロンパンと牛乳を食べました。(約350kcal)

食べませんでした

おやつ

食べませんでした

ノンカロリービールと焼肉たっぷり!(約1,300kcal)お腹いっぱいだったので、ステキレイはお休み。

今日の運動

30分ウォーキング
30分ウォーキング
ボクシング
ボクシング
  • ボクシングに行きました

体重の記録

30日分の折れ線グラフ

前日との違い 結 果
体 重 0kg 体重
体脂肪率 +0.3% 体脂肪率
骨格筋率 -0.2% 骨格筋率

記事を書いた人

開発者 井上龍弥井上龍弥

私が実践した『3分の1ダイエット』があなたの役に立てば嬉しいです。

 

ページトップへ