朝食は、和食と洋食どちらを選択すべきか?【24日目】

3分の1ダイエット24日目

以前、テレビで『塩バターロール』が特集されているのを見てから、まんまと塩バターロールにはまってしまい、自分で作ってみました(^^)

ただ、一度にたくさん作ってしまったので、普段の朝食は和食を食べる私ですが、冷凍ご飯がなくなったら、数日はパンの日々が続きそうです。

では、腸内環境を整えるにあたって、朝食に食べるとしたら和食とパンのどちらが適しているのかについて考えてみたいと思います。

腸内環境を整えるためには、ステキレイにも含まれている以下のものが必要です。

・食物繊維 ・オリゴ糖 ・乳酸菌 ・ビフィズス菌

食物繊維の観点からみると、和食の方が摂取しやすいように思います。

和食で使用される大豆などの豆類やヒジキやワカメなどの海藻類には、食物繊維がたっぷり含まれています。

朝食に、納豆、味噌汁(豆腐 ワカメ)、卯の花やヒジキの煮物、ご飯にするとたくさんの食物繊維を摂取できます。

また、オリゴ糖、乳酸菌、ビフィズス菌の観点からみると、パンの洋食の方が摂取しやすいように思います。

朝食に、パンとオリゴ糖を入れたヨーグルトを合わせることで、オリゴ糖、乳酸菌、ビフィズス菌をたっぷり摂取できるからです。

このように、和食と洋食には、それぞれ摂取しやすいものが異なりますので、片方に偏るのではなく、どちらも食べることが大切だと思いましたσ^_^;

しかし、食事指導をしている友達から話を聞くと、パンを食べるときには、『食パン1枚だけ』『惣菜パンだけ』など、パンだけで済ますときが多いそうです。

パンを食べるときには、手軽に済ませたいと考える人が多いようですが、パンにヨーグルトをプラスして、腸内環境を整えやすい朝食にすることが大切ですねヾ(‘ω’*)

今日食べたもの

朝食べたもの

納豆、豚肉バラ肉のビール煮、ご飯、イチゴ(練乳がけ)

昼食べたもの

牛肉のひじき炒め、ソラマメのおろし和え、味噌汁(玉ねぎ、プチトマト)

おやつ

おやつ

おやつ

朝食べたもの

・『榮太樓』の日本橋まんじゅう 、羽二重ショコラ

手作りおからマフィン

ステキレイに150mlの豆乳を混ぜました
写真を撮る前に完食してしまいました・・・σ(^^;)

今日の運動

ウォーキング

ウォーキング
ランニング

ランニング
筋トレ

筋トレ
体幹
トレーニング
体幹トレーニング
  • 腹筋を30回

体重の記録

30日分の折れ線グラフ

前日との違い 結 果
体 重 -0.1kg 体重
体脂肪率 -0.2% 体脂肪率
骨格筋率 +0.2% 骨格筋率

記事を書いた人

管理栄養士 喜屋武奈紗管理栄養士 喜屋武奈紗

食べることが大好き!でも太るのは嫌!何ともワガママな管理栄養士の喜屋武です。なので、食事を楽しみながらダイエットに励んでいます。

 

ページトップへ