急激に上がった骨格筋率。その謎に迫る!【30日目】

3分の1ダイエット30日目

本日の骨格筋率は、過去でもトップクラスの数値でした。

ちなみに、骨格筋というのは、運動をすることによって増やせる筋肉の量です。この率が上がれば上がるほど、運動しているときに、カロリーを消費しやすくなります。つまり、体脂肪が燃えやすい体になるのです( ´ ▽ ` )ノ

では、なぜ、急にこのような数値がでたのか、検証してみたいと思います。

骨格筋率は下記の計算方法で算出できます。
(体重)×(体脂肪率)=(体脂肪量)

(体重)-(体脂肪量)=(骨・内臓・筋肉)

(骨・内臓・筋肉)÷2=(筋肉量)

(筋肉量)÷(体重)=(筋肉率)

なるほど。体脂肪率がからんでいるのか(ーωー )

以前にもお話をしたのですが、体脂肪率は体内の水分量によって、測定されています。

体内の水分が少なく、電気が通りにくいときには、体脂肪は多くなり、骨格筋率は下がります。また反対に、むくみなどによって体内の水分が多くなると、筋肉の量が増えたと勘違いし、体脂肪は低下します。

骨格筋率が高くなっているのは、運動後と夕食を食べた翌朝です。食事を摂取すると、水分量が多くなるので、自然と体脂肪率が下がり、骨格筋率が上がるのです。

着々と数値が増えていれば問題はありませんが、このような急激な伸びには、あまり喜ばず、日々の記録の数字を把握することが大切ですねヾ(‘ω’*)

今日食べたもの

朝食べたもの

ステキレイに200mlの豆乳混ぜました

アジのオイスターがけ、春野菜のキムチ和え、中華スープ(キャベツ、人参)

おやつ

おやつ

MIOR ラングドシャ、モチデ・ショコラ
マカロン(アールグレーとチョコ)

ステキレイに200mlの豆乳を混ぜました

今日の運動

ウォーキング

ウォーキング
ランニング

ランニング
筋トレ

筋トレ
体幹
トレーニング
体幹トレーニング
  • ランニング(5km 28分49秒 290kcal)
  • 腹筋を30回

体重の記録

30日分の折れ線グラフ

前日との違い 結 果
体 重 +0.5kg 体重
体脂肪率 -0.9% 体脂肪率
骨格筋率 +0.4% 骨格筋率

記事を書いた人

管理栄養士 喜屋武奈紗管理栄養士 喜屋武奈紗

食べることが大好き!でも太るのは嫌!何ともワガママな管理栄養士の喜屋武です。なので、食事を楽しみながらダイエットに励んでいます。

 

ページトップへ