猫背によって起こるデメリットはこんなにあった!【7日目】

3分の1ダイエット7日目

ダイエット企画が始まって1週間が経ちました!

体重は増えたり減ったりを繰り返しながら、徐々に減ってきています。また、運動を少し強化しているので、骨格筋量の割合が1%上がりました( ^ω^ )ちゃんと運動を行えているようです。

運動を行えていることは良いのですが、最近、気になっていることがあります。

それは、『姿勢』です!

先日、ふと、全身鏡で自分の姿を見たのですが・・・びっくりするぐらい、猫背でした(*_*)自分が猫背であることは、自覚していたのですが、自分が想像していた以上に肩甲骨の部分が内側に丸まっていたのです。

猫背には、以下のようなデメリットがあります。

・肋骨を圧迫し、浅い呼吸となる

  • →深い呼吸が少なく、自律神経が乱れる(常に緊張している状態となる)
  • →体に取り込む酸素の量が少ないため、エネルギーが作られず、新陳代謝が低下する

・体を支える筋力が弱くなる

  • →リンパの流れが悪くなり、むくみやすくなる
     また、老廃物が溜まりやすくなり、新陳代謝が低下する
  • →筋力の低下によって、エネルギーの消費が悪く、太りやすくなる

・首から肩甲骨にかけての筋肉に負担がかかる

  • →肩こりや首こりのなど原因となる
  • →筋肉が緊張した状態になるため、血行不良となる

おぉぉぉ((((;゚Д゚)))))))自覚症状として、思い当たることがたくさんあります・・・

以前、お世話になっている整体師の方に、「呼吸がちゃんとできていないから、腹式呼吸を意識してね」と言われたことがありました。どうやら、これも猫背が原因のようです。

また、先に挙げたように、猫背だと新陳代謝が悪くなり、太りやすい体質になってしまいます。普段の生活から、新陳代謝を上げてエネルギーを消費しやすい体を作りたいものです。

そのため、私は猫背を改善すべく、座っているときの姿勢や歩いているときの姿勢を見直すことにしました!どのように改善していくのかは、また、明日にでもお話ししたいと思いますヾ(‘ω’*)

今日食べたもの

朝食べたもの

ぶり大根、いただき(鳥取の郷土料理)、味噌汁

昼食べたもの

手羽元のピリ辛中華煮、ハクサイの塩炒め、中華スープ(キャベツ、ひじき)

おやつ

おやつ

ウエハース(チョコ)、かりんとう少々、カフェオレ2杯

夜食べたもの

ステキレイ

今日はペプシコーラに混ぜてみました。フローズンのコーラのような味と食感でした。これはこれでアリかも。

今日の運動

ウォーキング

ウォーキング
ランニング

ランニング
筋トレ

筋トレ
体幹
トレーニング
体幹トレーニング
  • ランニング(5km 290kcal消費〈31”33〉)
  • 腹筋を30回

体重の記録

30日分の折れ線グラフ

前日との違い 結 果
体 重 -0.5kg 体重
体脂肪率 -0.6% 体脂肪率
骨格筋率 +0.3% 骨格筋率

記事を書いた人

管理栄養士 喜屋武奈紗管理栄養士 喜屋武奈紗

食べることが大好き!でも太るのは嫌!何ともワガママな管理栄養士の喜屋武です。なので、食事を楽しみながらダイエットに励んでいます。

 

ページトップへ