たるみ解消ダイエット1か月間の変化【31日目】

3分の1ダイエット31日目

ダイエットを始めて一か月が過ぎました。私の目標は『体のたるみを解消すること』です。そのため、体重を落とすことは意識せず、体を引き締め、筋肉量を上げるためにダイエットを行いました。

まずは、体重・体脂肪率・骨格筋率の変化をご報告します。

・体重:44.4kg → 45.1kg
・体脂肪率:20.6%(9.15kg)→20.7%(9.34kg)
・骨格筋率:28.8%(12.79kg)→28.8%(12.99kg)

すべて、ほぼ変動なしという結果になりました。

一か月間、筋トレを続けてきたので、正直、筋肉量はもっとグンとアップすることを期待していました・・・。が、そう簡単に体は変化しません。筋トレの成果が出始めるのは約一か月後、目に見えて変化があるのは三か月後とも言われます。

ですので、今はまだ焦らずに、ただ、思考錯誤しながら毎日の筋トレを続けていこうと思います。

以下、この一か月で起こった気持ちと体の変化についてまとめておきます。

食生活

ダイエットを始めたことによって、食事制限は一切行いませんでした。それまで通り、三度の食事に夜・ステキレイをプラスしただけです。

ただ、食事の意識は少し変わりました。

・胃への負担を抑えるために、よく噛む
・お腹が減ったときには、少量の糖分を摂取する(量は必要ない)
・糖質(大好きなパンなど)を摂るときには、一緒に食物繊維を摂り、糖分の吸収を緩やかにする

食事面での私の課題は、「毎日でも食べたいパンをどのようにセーブしていくか?」ということでした。

この点は、以下のルールに従いました。

・「絶対食べない」はストレスになるので、週末や、「どうしても食べたいとき」には食べてヨシとする
・パンを食べるときには、食物繊維を一緒に摂る。なければステキレイを飲む。

ただ、実は、ダイエットを行ううちに、「パンを食べたい」という気持ちが弱くなっているように感じています。

体のことを意識し始めたことで、野菜やタンパク質など、炭水化物(糖分)以外のものを食べたいと思うようになりました。でも、私の場合、パンは一つでお腹がいっぱいになるので、それだけで食事が完了してしまいます。そのため、いろいろ食べようと思うと、「パンではなくご飯のほうが合うな」と思うようになりました。

そのため、この一か月は、(ダイエット開始前と比べて)特に朝ごはんにパンを食べる機会が減りました。

自分が好きな食べ物が『太りやすいもの』だった場合、その食べ物をどのようにセーブするか?がダイエット成功の大きな課題です。

でも、『食べたい』という欲求は、体が必要としている以外に、自分の考え方や気持ちによって生まれている場合も多いです。こういう場合は、『セーブする方法』を見つけるのとは別に、『そもそも、その欲求を生まない考え方』を身につけると、とても楽だと思いました。

私は、パンを完全に断つつもりは今のところありませんが、「より体に良い食生活をしたい」と思うようになったことで、パンに偏った食事をする機会は減っていくのではないか、と思っています。

お通じ

一か月の間でお通じがなかったのは2日間。そのうち1日は、食べる量が極端に少ない時期でした。

ステキレイを飲み始めて2日目から便が浮くようになり、ほぼ毎日この状態が続きました。これまでにもこういう状態がないわけではありませんでしたが、安定していたのはステキレイの効果だと思います。

生理前には必ず便秘になります。私の便秘の定義は2日です。なので、2日間お通じがなければ、2日目の夜に便秘薬(コーラック1錠)を飲みます。生理が不順なので、一か月~二か月に1度の頻度で便秘薬を飲むことになるのですが、この一か月は便秘薬不要でした。(まだ生理が来ません。)あと一か月程様子を見て、本当に薬が不要になれば嬉しいです!

運動

運動は、ほぼ毎日筋トレを行いました。正直、ダイエットを始める前は「筋トレをするのを忘れてしまう日があるんじゃないかな」と心配していました。が、体調等によって、やらないメニューがある日はありましたが、運動そのものを忘れることはありませんでした。

毎朝、体組成計に乗って記録をつける、ダイエットの日記(ブログ)をつける、など、ダイエットに関わる日課が他にもあることで、自分の生活の中にダイエットが根付きやすかったのだと思います。

これまでも「毎日、筋トレするぞ!」と意気込んだことはありましたが、いつも三日坊主になっていたので、一か月間継続できたことは驚きでした。

筋トレの成果としては、二の腕に力こぶができるようになりました!これは、「体が変化した」という意味では収穫です!ただ、力こぶを作りたかったわけではないので、複雑な気分・・・。

力こぶができてしまったのは、二の腕のたるみ解消を目的に行っていた筋トレの方法を途中まで間違っていたからだと思います。筋トレは、ただ続けるだけでは意味がないことがこれで分かりました。やはり、自分の目的に対して効果のある筋トレを、正しい方法で続けることが重要です。

これからは、二の腕・お尻のたるみ解消を目指して、正しいフォームで筋トレを続けていきます。

また、今回のダイエットの裏目的である『ゆがみ解消』に関しては、今のところまだ目に見えた変化はありません。

気が緩むと、お腹の力を抜いて立っているので、気がついたら正しい姿勢に戻す、というのを引き続き行っています。ただ、正しい姿勢と、緩んだ姿勢の違いが少し狭まってきているようには感じます。

こちらも、たるみと同様、そう簡単には直らないものです。ので、二か月目以降も正しい姿勢を意識しながら、生活するようにしていきます。と同時に、体幹を鍛える筋トレの量を増やしていきます。(一か月目は、二の腕のたるみ対策を重点的に行ってしまったので)

日に日に暖かくなり、薄着の季節が近づいています。夏は、すっきりした二の腕で半袖やタンクトップの洋服を楽しめるように、ダイエット二か月目を頑張ります!

今日食べたもの

朝食べたもの

カフェオレ・ドトールのマサラチャイ

昼食べたもの

食堂のお昼ごはん。チキンのパルメザン炒め、ピクルス、コンソメスープ(白菜、じゃがいも)

おやつ

おやつ

アーモンドのフロランタン(3つ)

サンドイッチ・ステキレイ(写真なし)

今日の運動

筋トレ
筋トレ
ストレッチ
ストレッチ
  • 腹筋30回
  • 体幹を鍛える筋トレ

体重の記録

30日分の折れ線グラフ

前日との違い 結 果
体 重 -0kg 体重
体脂肪率 +0.6% 体脂肪率
骨格筋率 -0.3% 骨格筋率

記事を書いた人

スキンケアアドバイザー 下田梨絵スキンケアアドバイザー 下田梨絵

体のたるみと戦っています。脚・お尻・二の腕のたるみを解消して、健康でカッコイイ体を目指します。

 

ページトップへ