野菜ジュースで摂れる食物繊維って意外と・・・【3日目】

3分の1ダイエット3日目

引き続き、胃の様子を見ています。

年に数回、大きな胃痛が起こります。毎回、原因を考えてみるのですが、はっきりしないことが多いです。そんな中で、「これが胃痛の原因か!」といいところまで突き止められたことがあります。野菜ジュースです。

市販されている野菜ジュースを、1日でコップ2杯以上飲んだとき。
しばらく流行っているグリーンスムージーを飲んだとき。

それぞれ、キリキリする胃痛が2~3日続き、かなりつらい状態になります。何度か意図的に飲んでみて、毎回同じ症状が出たため、私の場合、胃痛と野菜ジュースに何らかの因果関係があるのは事実だと思います。

野菜ジュースの何がいけないんでしょうか?

そこで、もう一度、考えてみて、『食物繊維』じゃないかな?という結論に至りました。

市販の野菜ジュースには、「食物繊維が摂れる!」「おなかすっきり!」と書いてあります。(最近はちょっと聞かなくなりましたが)グリーンスムージーが流行したのも、食物繊維の効果で、便通が良くなったり、肌がキレイになると言われているからです。

つまり、野菜ジュースと言えば、食物繊維!

だから、野菜ジュースを飲むことで、食物繊維を過剰に摂取してしまって、そのために胃に負担がかかっているんじゃないかな!と思いました。

そこで、「体にいいと思って飲んでるのに、も~~!」と思いながら、一般的な野菜ジュースの食物繊維量を調べてみました。

市販の野菜ジュース(200ml)の食物繊維量

  • I社の野菜ジュース 0.4~1.6g
  • K社の野菜ジュースA 0.3~1.4g
  • K社の野菜ジュースB 1.2~2.9g

私が作っていたグリーンスムージーの基本の材料で摂れる食物繊維量

  • バナナ 1本(可食部80gとして):0.88g
  • ホウレンソウ 3分の1株(33gとして):0.92g

市販の野菜ジュースの場合は、商品によってムラがあるようですが、仮に、200mlで1.0gの食物繊維が摂れるとすると、市販の野菜ジュース2杯・グリーンスムージー1杯で、どちらもだいたい2.0g前後の食物繊維を摂取することになります。

で、この2.0gという食物繊維量、多いのか少ないのか、というと・・・

成人の一日あたりの食物繊維の摂取目安量

約20g

野菜ジュースで摂れる食物繊維量は、その10分の1。

つまり、野菜ジュースを1~2本飲んでも、グリーンスムージで野菜を摂取しても、実はまーったく過剰摂取じゃなかったんですね!

なーんだ!

でも、じゃあ、野菜ジュースを飲んだら胃が痛くなるのはなぜなんでしょう?どこに原因があるんでしょう・・・・。そもそも野菜ジュースは関係ないのかも・・・。これは引き続き、調査を続けていきます。

ちなみに、ステキレイ1回分で摂れる食物繊維量は5gです。野菜ジュースで同じだけの量を摂ろうと思ったら、200mlのパックを5本は飲まなきゃいけないんですね。胃弱じゃなくても、つらそう^o^;

今日食べたもの

朝食べたもの

胃の大事をとってシメジの雑炊。アボカドとプチトマト少々。

昼食べたもの

お昼はそこまで空腹ではなかったけれど、食堂に行ってご飯を前にすると食べたくなります。

食事をすると副交感神経がオンになります。午前中の交感神経モードを一旦オフにするためにも、正午ごろにちょっと何か食べたり、飲んだりするのは良いことです。これも、自律神経の働きを整える方法のひとつ。

おやつ

チョコレート1個、ココア2杯、クッキー1枚食べました。写真は撮り忘れました。

夜食べたもの

夜食べたもの

21時頃にステキレイを飲み、そこから徒歩30分ほどのところにあるカフェにみんなで外食へ。バーニャカウダ・ラザニア風タルティーヌサンド・鴨とイチジクのタルティーヌサンド・豆腐のハンバーグ。

脂質たっぷりのジャンクな食事をしてしまいました。

今日の運動

筋トレ
筋トレ
ストレッチ
ストレッチ
  • 股関節を柔らかくするストレッチ
  • 二の腕の筋トレ

夕食をこってりたっぷり摂ってしまったことと、昨日運動をしていない罪悪感から、深夜にストレッチ&筋トレをしました。1日目の筋肉痛がちょうど和らいできていたので、1日目と同じ二の腕重視の筋トレ。お風呂上りにしたせいで、汗をかき、最後にもう一度シャワーを浴びて寝ました。

体重の記録

30日分の折れ線グラフ

前日との違い 結 果
体 重 +0.2kg 体重
体脂肪率 -0.8% 体脂肪率
骨格筋率 +0.4% 骨格筋率

記事を書いた人

スキンケアアドバイザー 下田梨絵スキンケアアドバイザー 下田梨絵

体のたるみと戦っています。脚・お尻・二の腕のたるみを解消して、健康でカッコイイ体を目指します。

 

ページトップへ