理由のない「食べたい」をやり過ごす方法【4日目】

3分の1ダイエット4日目

昨晩、遅い時間にたくさんご飯を食べたのがいけなかったようで、朝から胃もたれと胃痛がありました。確かに胃は全快ではなかったけれど、食べられる気がしたのになぁ。残念。

過ぎてしまったことは仕方がないので、今日は、できるだけ胃を休ませる日にすることにしました。

朝、リンゴを少し食べて、その後、17時くらいまではほとんど何も食べずに過ごしました。空腹を感じたら、お湯を飲んでやり過ごしました。

こうして過ごしている間に感じたのは、『食べる』ことは習慣なのだなぁということです。

私は、食に対してそれほどこだわりがないし、「食べたい!」という気持ちが強いほうではないと思います。それでも、朝起きたら何か食べなきゃ、と思うし、12時、19時ころになると、お腹が減っていなくても、胃の調子が良くなくても、なんとな~く、食べなきゃいけないような気がしてきます。

これは本能なのかなぁと思いました。現代人・特に日本人にとっては、それほど必要のない感覚かもしれませんが、こうした「食べたい」という欲がなければ、非常時に生きていけないのだと思います。

でも、今日の私のように、胃を休ませたほうがよい状況や、ダイエットをする状況では、体の状態と一致しないこの「食べたい」という欲がクセモノなのだと思います。

自分の頭(欲)と、自分の体の状態が一致するようになれば、もっと楽に体重や体調をコントロールできるのではないかなぁと思いました。

そのためにも、体の仕組みを理解しておくことが必要だと思います。

今日は、自分の胃が、昨日摂ったたくさんの油や糖分で悲鳴をあげているような状態を想像して、「なんとなく食べたい」という気持ちを抑えました。

胃だけでなく、ダイエットに関しても、実際に自分の体で何が起こっているのか、どんな食事が必要・不必要なのかを意識していくと良いと思います。

今日食べたもの

朝食べたもの

リンゴ4分の1個・白湯

食べませんでした

おやつ

おやつ

リンゴ4分の1個

夕方にお腹が減ってきたので、おむすびを1つ食べました。今日はステキレイはおやすみ。

今日の運動

筋トレ
筋トレ
ストレッチ
ストレッチ
  • 股関節と肩のストレッチをしました
  • 体幹を鍛える筋トレをしました

体重の記録

30日分の折れ線グラフ

前日との違い 結 果
体 重 +0.1kg 体重
体脂肪率 -0.1% 体脂肪率
骨格筋率 +0.1% 骨格筋率

記事を書いた人

スキンケアアドバイザー 下田梨絵スキンケアアドバイザー 下田梨絵

体のたるみと戦っています。脚・お尻・二の腕のたるみを解消して、健康でカッコイイ体を目指します。

 

ページトップへ