間違うと逆効果!胃痛の日の正しいおかゆの食べ方【5日目】

3分の1ダイエット5日目

たるみ解消をダイエットの目標に掲げたのに、ブログの内容が、たるみや運動の話ではなくて、すっかり胃痛日記になっているのが解せません。でも、引き続き、胃の調子が悪いので、今日も胃のお話です。

このところ、家での食事はもっぱらおかゆです。胃が弱っているときは、消化にいい食事をしたほうがよいから、なのですが、そもそも『消化にいい』ってどういうことなのか、ご存知ですか?

消化とは

消化とは、食べた食物を、体が吸収できる最小単位にまで細かくすることを言います。

私たちが食べたものは胃でどろどろの状態になり、その後、小腸でさらに細かくなって栄養素が吸収されます。大腸に移動するのはその次です。

この一連の働きが、より早く、スムーズに行われるほど、胃や腸への負担は軽くなります。これを『消化がいい』と言います。

胃に限って言えば、胃にとどまる時間が短い食べ物が『消化にいい』わけですね。

胃にとどまる時間を短くするには?

胃の役割は、食べ物をどろどろに溶かすことです。ですので、溶かしやすいものは消化にいい、溶かしにくいものは消化に悪い食べ物です。

消化にいい食べ物

  • 柔らかいもの

消化に悪い食べ物

  • 硬いもの
  • 脂っぽいもの
  • 食物繊維が多いもの

お米を煮て柔らかくしてあるおかゆは、消化にいい食べ物と言うわけです♪胃の痛いとき、胃が弱っているときにはありがたい存在ですよね。

でも、注意点が一つ!食べ方を間違うと、おかゆも胃に負担をかけてしまうことがあります。

胃が弱っているときの、正しいおかゆの食べ方

柔らかいので食べやすいのがおかゆの良いところですが、食べやすいが故に、噛まずに飲み込みやすい食べ物でもあります。

いくら柔らかくなっているとはいっても、米粒一つであることに変わりはありません。そのまま飲み込んでしまえば、胃で溶かすのに時間がかかってしまいます。

あらかじめよく噛んで小さくしてから胃に送ることで、胃の負担は軽くなります。ですから、おかゆもしっかり噛んで食べるようにしましょう。

さらに、『噛むこと』には、食べ物を小さくする以外にも重要な働きがあります。『消化酵素』を出すことです。

食べ物は、小さくするだけでは体に吸収されません。『消化酵素』という特別な物質によって、体に吸収されやすい形へ変化させられて、初めて体に取り込まれるのです。

数ある消化酵素の中でも、お米を分解する消化酵素(アミラーゼ)は、唾液を出すことで分泌されます。唾液って、よく噛めば噛むほど出てきますよね。この点でも、おかゆをよく噛んで食べることが、胃への負担を軽くさせるのです。

私はもともと、サラサラしたおかゆよりも、たっぷりの水分で煮込んで粘り気のでたおかゆのほうが好きです。そして、このほうが噛みごたえがあるように感じます^^ 実際は、サラサラしたおかゆのほうが米粒の原型を留めているので、よりしっかりと噛む必要があると思います。

「今日は、胃の調子が良くないからおかゆにしよう」というときには、しっかり噛むことを意識してくださいね。

ダイエットにもおすすめの食事法

『よく噛むこと』は、おかゆ以外の食事にも、もちろん当てはまります。私も、普段から『一口30回噛む』ようにしています。おなか減ってるときとか、余り噛まずに飲み込んでしまうんですけど。

ただ、よく噛むと、それだけ満腹感を感じやすくなります。食べ過ぎを防ぐことになるので、ダイエットにも効果的ですので、胃のためにも、ダイエットのためにも『よく噛んで』食事を楽しみましょう^o^

今日食べたもの

朝食べたもの

リンゴ4分の1個とネギのおかゆをお茶碗一杯食べました。

昼食べたもの

ビュッフェで、リゾットとタマネギのキッシュ、野菜のコンソメゼリー寄せ。デザートで、小さめのタルト、プリン、チョコレートを食べました。脂っぽいものはできるだけ控えたチョイス。

おやつ

食べませんでした。というか、昼食時に食べたスイーツがおやつ。

夜食べたもの

カボチャとキャベツのおかゆ。納豆。ステキレイ。

今日の運動

筋トレ
筋トレ
ストレッチ
ストレッチ
  • 股関節と肩を柔らかくするストレッチ
  • 二の腕のたるみを鍛える筋トレ。

遅くやってきた筋肉痛で体中が痛いです。でも、筋肉痛は、筋肉が育っている証。今日は、痛みが和らいできた二の腕の筋トレをしました。

体重の記録

30日分の折れ線グラフ

前日との違い 結 果
体 重 -0.9kg 体重
体脂肪率 +1.2% 体脂肪率
骨格筋率 -0.7% 骨格筋率

記事を書いた人

スキンケアアドバイザー 下田梨絵スキンケアアドバイザー 下田梨絵

体のたるみと戦っています。脚・お尻・二の腕のたるみを解消して、健康でカッコイイ体を目指します。

 

ページトップへ