ダイエットの新常識・痩せたい人はスマホを切ろう【7日目】

3分の1ダイエット7日目

胃の調子がだいぶ良くなってきました。今日からおかゆをやめて、普通のご飯に戻します。

胃が不調だったこの一週間、食卓の上にできるだけ置かないようにしたものがあります。スマートフォンです。

お行儀が悪いので大きな声では言えないのですが、食事中にスマートフォンを見てしまうこと、ありませんか?私はあります。ついついインターネットで調べものをしたり、仕事の連絡をチェックしたりしてしまいます。

でもこれは、お行儀が悪いだけでなく、胃を悪くする行為、さらには太る行為でもあります。

先日お話したように、人の体はシャッキリモードの交感神経と、リラックスモードの副交感神経がバランスをとることで健康に機能しています。このバランスをとるためには、一日の中で、交感神経と副交感神経のスイッチを、上手に切り替える必要があります。

眠っている間に働いている副交感神経は、朝、目が覚めると交感神経に切り替わります。そして午前中はバリバリ働ける、シャッキリモードになるわけです。

このまま夜までシャッキリモードでもいいのですが、それでは交感神経の使いすぎ!自律神経のバランスが乱れて、体に様々な不調が現れてしまいます。

そこで、日中に一度、副交感神経のモードに切り替えることが重要になってきます。そのタイミングが、お昼ご飯の時間です。

食事中は副交感神経が優位になります。お昼時に料理のいいにおいを嗅ぐと、一気にお腹が減ったり、ぐーっとお腹が鳴ったりしますよね。あれは、匂いによって副交感神経が刺激され、消化器官が活発に動き始めた証拠なんです。

副交感神経がしっかり働くと、血管が拡張し、体がリラックスし、消化が促されます。消化を促すことができれば、胃の負担を軽減することができます。また、満足感が増すため、食べ過ぎを防ぐこともできます。こんなふうに、食事の時間は身体にとってとても大切なのです。

でも、ここでスマホを見てしまったら・・・。実はスマートフォンや携帯電話、パソコンなどの光刺激は、脳を刺激して、交感神経を優位にさせます。食事の間せっかく副交感神経のスイッチがオンになっているのに、真逆の行動をとってしまっているわけです。これでは自律神経のバランスが乱れてしまいます。

さらに『ながら食べ』をすると、ものを噛む回数が少なくなりがちです。私も今週、夢中で画面を追っている間に、よく噛まずに飲み込んでしまったことに気付き「はっ!」としたことが何回もありました。ですから、机の上にそもそもスマホを置かないようにしたのです。

食事に集中することで、しっかり噛みますし、食事のさまざまな味や食感などを楽しむことができます。これは脳にとっても良い刺激になります。また、自分の体に意識を向ける良い機会でもあります。

自律神経の乱れは、胃痛や太ること以外に、生理不順や肌トラブル、頭痛、肩こり、体の冷えなど、特に女性にとって辛い不調の原因となります。体も肌もキレイになりたい方で、もし私のように、「ついつい食事中にスマートフォンを見てしまう」という方がいらっしゃったら、ぜひ『脱・ながら食べ』をしてみてくださいね。

今日食べたもの

朝食べたもの

ご飯・かきたま味噌汁・りんご・ブロッコリーの和え物

昼食べたもの

食堂のメニューをいただきました。

おやつ

おやつ

カフェモカ2杯。

ずっとガマンしていたコーヒーを少しだけ解禁!

夜食べたもの

かきたま味噌汁・コブサラダ・小さいおむすび。ステキレイ。

帰宅するのがいつもより遅かったので、「夕食はステキレイだけでもいいかな」と思ったのですが、胃の調子が良くなってきたのでしっかりめに食べました。

今日の運動

筋トレ
筋トレ
ストレッチ
ストレッチ
  • 肩と股関節を柔らかくするストレッチ
  • 体幹を鍛える筋トレ
  • 二の腕を鍛える筋トレ

二の腕を鍛える筋トレは少し慣れてきました。自重を負荷にする筋トレなので、足の位置を変えるなどして、次回から負荷を増やしてみようと思います。

体重の記録

30日分の折れ線グラフ

前日との違い 結 果
体 重 +0.9kg 体重
体脂肪率 -0.1% 体脂肪率
骨格筋率 +0.1% 骨格筋率

記事を書いた人

スキンケアアドバイザー 下田梨絵スキンケアアドバイザー 下田梨絵

体のたるみと戦っています。脚・お尻・二の腕のたるみを解消して、健康でカッコイイ体を目指します。

 

ページトップへ