アトキンスダイエット

アトキンスダイエットとは?

アトキンスダイエットとは、アメリカの医師が考案したダイエット方法で、別名、低炭水化物ダイエット、ケトン式ダイエット。また、ローカーボダイエット、低糖質ダイエットとも呼ばれています。

通常200~300gほど摂取する炭水化物の量を20〜40gと少なくする方法で、糖分の代わりに脂肪がエネルギーとして使われる状態になるように体を持っている方法になっています。

このダイエット方法が流行したのは、2003年から2004年頃で、北アメリカでは成人の7人に1人が取り組むほどの人気のダイエット方法になっていました。

アトキンスダイエットのダイエット効果

アトキンスダイエットのダイエット効果については、効果があったという事がよく言われています。医学的な報告としても挙げられているほどです。

しかし、中身を見てみると炭水化物を制限したから痩せたと言う根拠はなく、どちらかと言えば、炭水化物を制限したことで、トータル的なカロリーダウンにつながり、結果、ダイエットに効果があったと言う感じになっているようです。

また、実行する期間においても、結果が様々で、半年ほどなら効果は期待する事ができるようですが、それ以上の期間になると、別のダイエット方法の方が効果を出す事ができるという事も言われています。

アトキンスダイエットの注意点

アトキンスダイエットを行う際は、いくつかの注意点が必要です。

まず、飽和脂肪酸の摂り過ぎに注意が必要と言う点。

炭水化物の代わりに肉類などを多く摂取するため、病気の原因とも言われる飽和脂肪酸を多く摂取しがちになってしまいます。

また、野菜とのバランスが悪いと便秘になってしまうことも。

便を排出する役目もある炭水化物を減らす分、野菜の摂取を増やす必要があるのです。

その他、エネルギー不足になり、体がだるく頭が回らないことも。

なので、体調を壊しやすくなることも考えられます。

これらのように気を付けて行わないと危険な事が多いアトキンスダイエット。そして、アトキンスダイエットを終わらせたときのも注意が必要です。

急に炭水化物を摂取する事で、急激に体がインシュリンを出し、その炭水化物を吸収しようと身体が反応します。そうする事で、今までより炭水化物の吸収率が良くなり、一気にリバウンドしてしまう事も!

そうなったら、元も子もなく、どんどん吸収し太っていく事も考えられます。

これらのように、アトキンスダイエットを行う際は、色々な事に注意し行う事が大切です。