ファイブファクターダイエット

ファイブファクターダイエットとは?

ハリウッドのセレブ達のトレーナーとして活躍した人が生みだしたダイエット方法です。

名前にある通り「5」という数字がキーワードとなっています。1日に摂取する食事は5回。さらにその食事内容も5つのルールがあります。

  • 食事の半分を炭水化物にする

    米やパンだけでなく、豆や野菜、果物などの炭水化物を含む食品を取り入れて、食事の半分を炭水化物にする。血糖値を上昇させにくい食品を多く取り入れるようにする。

  • 脂肪を多く含まない良質なたんぱく質を摂取する

    低脂質のたんぱく質として、赤身のお肉や青魚、卵白が推奨されています。

  • 1度の食事で食物繊維を5~10g摂取する

    豆・果物・野菜は、食物繊維と炭水化物のどちらも含むものが多いのでおススメです。野菜や果物は、皮ごと利用すると食物繊維を多く摂取できます。

  • 脂質は良質なものを適量摂る

    エキストラバージンオイルは、オレイン酸や必須脂肪酸、ポリフェノールなどを多く含みます。また、不飽和脂肪酸を多く含むえごま油やキャノーラ油もおススメです。

  • 水分補給をこまめに行なう

    カロリーのない水やお茶などで十分に水分を摂取します。コーヒーや紅茶は、砂糖を入れないで摂取しましょう。

食事の回数が5回に増えるので太るイメージが強いかと思います。しかし、これまでの3回の食事で摂っていた量を5回に分ける方法なので、食事の回数が増えても摂取カロリーは、増えることはありません。

また、1日20~30分程度の運動も週5回取り入れ、これらの行動を5週間続ける事で効果が出るといわれています。

ファイブファクターダイエットのダイエット効果

1回に食べる食事量は少なくなるのでお腹はすきます。しかし食べる回数が多いため、お腹がすく頃に、ちょうど次のご飯の時間がやってきます。「お腹が空いた」という感覚があまり無いので、『空腹感を耐える』というダイエットにありがちなストレスが少ないです。さらに、空腹感のときに陥りやすい『ドカ食い』を防ぐことができます。

また、5つの食事内容のルールを守ることで、自然にカロリーダウンできます。バランスが考えられたメニューですから、体に負担のかかる痩せ方をしないというのが特徴です。加えて、血糖値を急激に上昇させる食品は摂取しない食事メニューにすることで、体脂肪の蓄積を防ぐことができます。

セレブに人気のファイブファクターダイエット

最近では、クリスティーナ・アギレラ、その他にもブリトニー・スピアーズやニコール・リッチーなど、数多くのセレブが、このダイエット方法を体験してきて、それが話題となりました。このセレブたちが、本やブログなどで紹介しています。また、セレブにあこがれる人たちの口コミで広がりました。