バナナダイエット

バナナダイエットとは

バナナダイエットとは、朝食にバナナを食べるという『食事置き換え式』のダイエット方法で、昔から有効的なダイエットとして親しまれています。

詳しい手順は、朝に起きて朝食としてバナナだけを食べる、そして昼食・夕食などは普通に食事をするというだけです。

朝食に摂取するはずだったカロリーがバナナの分だけになるのでカロリー摂取を抑える効果が期待できます。

バナナダイエットの効果

もとから朝食を食べていないという人には、カロリーの量は結果的に増えてしまうと思われるかもしれません。

ですが、朝食を抜くと代謝が低下するため、エネルギーの消費効率が悪くなり、太りやすい体質を作ってしまうという欠点があります。そのため、総合的に見れば、朝食としてバナナを食べるのはダイエットにとってプラスになると言えます。

先ほど述べたように、朝食を食べるということは代謝が上がる効果を期待できるので、何もしなくても体重が減りやすくなるという理想的な体質をバナナダイエットで得ることができます。

さらに、バナナの食物繊維で便秘が解消されたり、むくみや冷えなどが緩和されるという効果も期待できるので、ダイエットには最適であると言えます。

また、甘いものを好きなだけ食べられるという心理的な安心感も、バナナダイエットが人気の理由のひとつです。

朝のバナナは1本に限らずおなかいっぱいに食べてもかまいません。

ダイエット中と言うと、食事制限を気にしてしまって食事の量や甘いものを控えたほうがいいと自分にブレーキをかけてしまいがちです。

ですが、毎朝の食事で、そのブレーキを解除することができます。これによって、知らず知らずに積もっていく食事制限に対するストレスを解消できるというメリットがあります。