水中ウォーキング

水中ウォーキングとは?

水中ウォーキングとは、プール等の施設の中で行う負担の少ない運動方法です。

体を動かす事で腰や足に負担が掛かりやすいお年寄りの方や、肥満体系の方の間で特に行われています。ただ歩くだけのウォーキングと違って、筋肉に効率的に付加が掛かるため、無理なく自分のペースでじっくりと運動が出来るのが特徴です。

やり方によっては、大きく負荷を掛けて脂肪を燃焼させたり、体力の増強を図る事も出来るため幅広い層の方が実践しています。

筋力トレーニング・体力トレーニングのみならず、健康維持やリハビリにも良いとされている、非常に柔軟性の高い運動方法です。

怪我をしにくい事から、体の弱い方や固い方にも向いています。

水中ウォーキングのダイエット効果

水中では、ただ体を動かすだけでもダイエット効果があります。

水には空気と比較して大きな抵抗力を生じさせる力がありますから、この空間内で体を動かすのには体を芯から動かさなければなりません。

大きく力を込めて動かすため、自然と様々な部分の脂肪や筋肉に刺激を与えることができ、消費カロリーも大きくなります。

特に、足を下から上へ上げる際には通常時はほとんど意識しませんが、水中でこの動作をすると多くの筋肉を働かせている事がよく分かります。

また、水中の中で様々なポーズを取ったり、歩き方を変える事によって幅広いレパートリーの運動を行う事が出来ます。

例えば、背筋を伸ばして体を少しそらす感覚を意識しながら歩くと、腹筋に力が入るため、お腹周りの脂肪燃焼に効果的です。

お腹周りで言うと他にも、膝をお腹の辺りまで持ち上げながら歩く方法もあります。

ヒップのシェイプアップを意識したいのであれば、水中を大きく蹴り上げる事を意識すると、自然とお尻周りに力が入るため効果的です。

水中ウォーキングの魅力

水中ウォーキングは全身運動であり有酸素運動であるため、それぞれ自分の気になる体の部位を意識しながら脂肪燃焼効果が期待でき、体全体の引き締め効果も期待できます。