テーピング

テーピングとは?

テーピングとは、関節や筋肉のケガを予防する、またはケガをした部分を悪化させないように、専用のテープを巻いて保護する施術方法です。

スポーツ選手がケガのケアやリハビリ、メンテナンスなどを目的として使用することが多く、整骨院や整体院、鍼灸院などで施術を行なっています。しかし、このテーピングが巻き方によってはダイエット効果を生むこともあるのです。

スポーツ用のテーピングのように特別な知識は必要ないため、誰でも簡単に挑戦することができます。

テーピングのダイエット効果

ダイエットを目的としたテーピングは、足の指に巻きます。

巻き方の種類があり、それぞれの部分にテーピングをすることで、体の重心が内側に戻り、骨盤が矯正されて、余計な贅肉が自然にそぎ落とされていきます。

【それぞれの巻き方】

・ウエストをしぼりたい、下腹を引っ込めたいという場合

足首から人差し指に続く骨をまっすぐに正すような感じで、人差し指を親指の上に乗せ、少しきつめにテープで巻きます。

この時、人差し指だけを曲げて固定するのではなく、甲の部分まで続いている骨ごと真っ直ぐになるようなイメージで留めます。下腹に力が入るような感覚があれば、骨盤がしっかり締まっている証拠です。

・足を細くしたい場合

小指を薬指の上に乗せてテーピングします。

この時にポイントとなるのは、小指の爪が上を向くように固定することです。テープ後に腰が締まったような感じがすれば成功です。

さらに、中指だけを残して二つのテーピングを同時に行うという方法もあります。この状態に慣れてくると、歩く時に足の指全てがきちんと地面に触れるようになります。

テーピングダイエット成功のポイント

足指をテーピングしたら、そのまま2時間くらい過ごすか、20分ほどウォーキングをします。激しい運動や食事制限などは必要ありません。

ただし、このテーピング方法は長時間続ければ続けるほどダイエット効果を発揮するというわけではありません。

足指をきつめにクロスするため、外反母趾や巻き爪などの症状がある場合は特に注意が必要です。また、肌がかぶれやすいという人には、敏感肌用のテープが適しています。