地中海式ダイエット

地中海式ダイエットとは?

地中海式ダイエットは、20世紀半ばのギリシアのクレタ島や南イタリアの伝統的な食事法を参考に考案されたものです。地中海地方の病気の発症率の低さが注目された結果、地中海式の食事が健康維持に優れているとされました。この食事法がダイエットにも効果があるとわかり、健康的に食べて痩せたい人たちに実践されています。

地中海式ダイエットでは、主なたんぱく質源として習慣的に魚類を食べるようにします。脂肪源としてはオリーブオイルを摂取し、チーズなどの低脂肪な乳製品も日常的に少量取り入れます。フルーツや野菜、穀物などは多めに摂ります。

ユニークな点として、夕食中に赤ワインを1杯から2杯ゆっくり飲むということがあります。その一方で、カロリーの高い豚肉や牛肉、甘いお菓子などは控えます。

地中海式ダイエットの効果

地中海式ダイエットは、ポリフェノールをたくさん含む赤ワインの適度な飲酒、同じくポリフェノールを含むオリーブオイル、牛肉や豚肉およびその加工食品の摂取を控える、野菜や果物、ナッツ類を多く食べる、という点で痩身に効果があると言われます。

特に、オリーブオイルの70%から80%を占めるオレイン酸には、空腹感を抑えるという、ダイエット中の人に嬉しい効果があります。

また、オリーブオイルや魚類にはコレステロールを抑制する力もあります。オリーブオイルは加熱に強く、魚の油の酸化を防止する働きがあるとも言われているため、最適な組み合わせと言えるでしょう。

また、地中海式ダイエットの驚くべき効果として、アルツハイマー、パーキンソン病、認知症、悪性腫瘍、リウマチ、アレルギー性疾患、糖尿病を予防したり症状を緩和したりするということもあります。がん発生の予防にもなると言われています。ビタミンCやフラボノイドなどの抗酸化物質を多く取り入れられる食生活のためでしょう。