チョコレートダイエット

チョコレートダイエットとは?

チョコレートダイエットは、チョコレートを食べながら痩せることを目指すダイエット法です。

  • 食事の前に、約50gのチョコレートを食べる
  • チョコレートを食べることで、満腹中枢を刺激し、食事量を下げる
  • カカオの含有量が70%以上のチョコレートを選ぶ

ケーキなど甘いものが好きな女性は多いでしょうが、そこに含まれる糖分はダイエットには大敵です。チョコレートも甘いものの代表ですので、食べると太ってしまうイメージが強いです。

チョコレートには、血糖値を上昇させる作用があります。血糖値が上昇すると満腹中枢を刺激し、食欲を抑えることができると考えられています。そこで、チョコレートを食前に食べることで食事量を減らし、ダイエットに繋げようとするチョコレートダイエットが生まれました。

ですが、もちろん、糖分が含まれているので、食べ過ぎるとかえって太ってしまいかねないです。何事にも適量を食べるのが大切です。食べる量の目安は、1食あたり約50gと言われています。

チョコレートダイエットのダイエット効果

チョコレートの原料になっているカカオにはポリフェノールの一種が豊富に含まれています。ポリフェノールには『抗酸化作用』があると言われます。

例えば、鉄が酸素と結びついて錆びると、赤くなり次第にボロボロになってしまいます。ヒトの細胞も活性酸素と結びつくと酸化し、老化してしまうと考えられています。活性酸素は本来、ウイルスや細菌からヒトを守る役割があるのですが、増えすぎると悪影響が出てしまうのです。

ポリフェノールは、抗酸化作用に優れており、細胞を老化させてしまう活性酸素を除去する効果があります。ポリフェノールを摂取することで、ダイエットしながら肌の老化防止も行なえるかもしれません。

食物繊維も豊富に含まれており、血液中から悪玉のLDLコレステロール値を下げる効果も期待できます。

チョコレートダイエットに効果的なチョコレートの選び方

チョコレートダイエットを効率よく行うには、カカオ含有量に注意する必要があります。

カカオの含有量が低いものは、ダイエット効果が低くなってしまいますし、量が多すぎると脂質が多くなってしまいます。さらに、甘すぎるチョコレートでは摂取するカロリーが増えすぎてしまいます。

ダークチョコレートは通常のチョコレートよりもカカオ含有量が多く糖分も少ないです。抗酸化作用にも優れており、カカオ70%以上のダークチョコレートを選ぶと効率の良いダイエットが期待できます。ダークチョコレートのビター味が好きな人には続けやすいダイエットになるのが良い点です。