糖質制限ダイエット

糖質制限ダイエットとは?

糖質制限ダイエットとは、1日3食食べて、カロリー摂取量は減らさずに、三大栄養素である炭水化物、たんぱく質、脂質のうち、炭水化物に含まれる糖質の摂取を控えるダイエット方法です。

「食べる量は減らしたくない」「お肉が好き!」「運動が苦手」という人に、オススメのダイエット方法です。

糖質制限ダイエットのダイエット効果

炭水化物は消化吸収されてエネルギーになる糖質と、消化吸収されない食物繊維に分けられます。

私たちが食品から摂取している主な糖質は、米、パン、めんなどに含まれるでんぷん、果物に含まれる果糖、砂糖に含まれるショ糖などです。

人間の体は糖質の摂取を減らすとエネルギーが足りなくなり、脂肪を分解して補おうとします。そのため、脂肪が減り体重が落ちます。

また、三大栄養素のうち、食後の血糖値を上昇させるのは糖質だけといわれています。血糖値が上昇すると、それを下げるホルモンであるインスリンが分泌されます。

インスリンには余った糖を脂肪に変えて脂肪細胞に蓄える働きがあるため、糖質の摂取を控えてインスリンの分泌を抑えることで、太りにくくなる、という効果も期待できます。

間違った方法で行う糖質制限は危険

糖質を含む食べ物を減らし、その他の食べ物でカロリーを補うからといって、何でも食べていいわけではありません。糖質を多く含む炭水化物を控えるかわりに、脂質やたんぱく質で空腹を満たそうとするとして多く摂取すると、内臓などに負担がかかり、危険です。

糖質制限ダイエットでも、糖質以外の栄養素を、バランスよく摂取することが重要です。そして、効果的です。

糖質制限ダイエットは、口コミなどでここ数年爆発的に広がり、チャレンジしている人が多いので、オススメのレシピや糖質の少ない食材、おやつなどの情報が簡単に手に入ります。

糖質制限ダイエット成功のポイント

また、体験談のブログなどを見ていると、初めの1,2週間を乗り越える事が糖質制限ダイエットの成功へとつながる第一歩になるようです。

方法としては、1日の糖質摂取量を20グラム以下まで減らす事が重要ポイント。この制限を1週間行う事で、中には体重が減る人もいるようですが、これは一概に糖質制限ダイエットが成功したというわけではありません。

ただ単に食事制限を行った際に出た体重減少であって、本当の糖質制限ダイエットの効果を期待するのは、もう少し継続して続ける必要があるようです。

また、糖質制限ダイエットを止めてしまうとすぐにリバウンドしてしまう人も多いようなので注意が必要です。